2009年4月14日 « トップへ » 2009年4月17日

2009年4月15日

インプラントとブリッジ、入れ歯の違い

インプラント【インプラント】
歯ぐきの骨に人工歯根を埋め込んで固定式の歯をつくるインプラントは、ブリッジや入れ歯に変わる最先端の治療です。

隣の歯を削ることも、歯のない部分の咬合圧が隣の歯を揺することもありません。
噛み心地も見た目も天然の歯と全く同じです。

ブリッジ【ブリッジ】
比較的手軽で噛み心地も良いため、昔はよく用いられた方法です。
両隣の歯を小さく削り、ブリッジ=橋を渡すようにして失った歯を補います。

土台となる部分が必要なので、隣の歯を削らなければなりません。
また噛み合わせたとき根のない部分の咬合圧が隣の歯にかかるので、隣の歯が割れてしまったり歯周病になったりすることが多いです。

当院のブリッジ治療について

入れ歯【入れ歯】
手軽につくれますが隣の歯を少し削る必要があり、また違和感が大きいです。

歯ぐきと入れ歯の間に食べかすが詰まるので、食事の度に外してうがいをしなければなりません。

当院の入れ歯治療について

当院でのブリッジ治療について

当院でのブリッジ治療について十分なカウンセリング・できる限りの無痛を基本としております。

ブリッジ治療は、手軽ですがリスクの高い治療法ですが、適応条件にピタッと合致した場合はインプラントよりもブリッジがお勧めすることもあります。


当医院はインプラントセンターではありますが、条件に合う症例の場合はブリッジ治療をお勧めいたします。

ブリッジの治療方法

ブリッジ治療の質を決めるのは、歯科医の歯を削る技術と、技工士の歯を作る技術です。当医院の院長はフォーハンド診療のインストラクターであり、歯を削る精度は他の追随を許しません。

技工士も、スタディーグループの会長や技工士会の副会長を務める技工士に依頼しておりますので、極めて質の高い治療を提供させていただいております。

ブリッジの料金

1本あたりの費用×治療本数で決まります。
【例1】ハイブリッドクラウンA×3本ブリッジの場合
1本7万円の歯で3本ブリッジ・・・7×3=21万円
【例2】セラミッククラウンA×4本ブリッジの場合
1本12万円の歯で4本ブリッジ・・・12×4=48万円

ハイブリッドクラウン
ハイブリッドクラウン 長所:セラミックにプラスチックが混ざってるので、天然歯に硬さが近く割れにくい。
短所:透明感など、見た目は少し劣る。プラークが付着しやすい。プラスチックが混ざってるので何年か経つと黄ばんで変色してくる。
ランク 特徴 価格
B 手軽に白い歯を入れる場合、最適。 7万円
A ハイブリッドBに強度を増したもの 7万円

セラミッククラウン
セラミッククラウン 長所:価格・見た目・精度などすべてにおいてバランスが良い。プラークがつきにくい
短所:裏側に金属を使用してるので歯茎の境目が暗く見えてしまう。
ランク 特徴 価格
B 価格・見た目・精度のバランスがよい。コストパフォーマンスとしてはNo1。 11万円
A セラミックBの色調再現性を豊かにしたもので、天然の歯の色に近づけることができる。 12万円
S セラミックシリーズではすべてにおいて最高の品質。 14万円

オールセラミッククラウン
オールセラミック 長所:すべてにおいて最高品質。金属アレルギーがおこらない
短所:高価
ランク 特徴 価格
B 裏側まで真っ白、天然の歯に近い。 11万円
A オールセラミックBの強度を改良し、さらに色艶が天然の歯に近い。 11万円
S オールセラミックAの進化版、もはや天然の歯と見分けることは不可能。 20万円

治療期間・通院について

1日目
歯を削って→歯型を採って→プラスチックの仮歯を被せておきます。

2日目
1週間ほどすると歯型から作ったブリッジが完成しますので、それをボンドで歯に貼り付けて治療終了です。

メンテナンスと保証制度

当医院では、すべての患者さまへ4ヶ月毎の定期検診をお願いしており、メンテナンスについては、定期検診時にお勧めしてます。

なお、当医院では、すべての自費治療は5年保証を致しております。

※当医院の推奨する期間でのメンテナンスをきちんと受けていただくことが条件です。

インプラントよりもブリッジをお勧めする理由

基本的にブリッジ治療よりもインプラント治療の方が、長持ちという観点から優れています。しかし、どのようなケースにおいても、インプラント治療を選択するべきかと言うとそんなことはありません。ではどんなケースではブリッジ治療を選択するべきなのでしょうか?

1.まず最初の条件として、ブリッジ治療を選択してもインプラント治療と同じくらい長持ちが期待できる場合です。ブリッジが長持ちするかどうかは、歯の無い部分の両側のブリッジの支台になる部分の、歯と歯ぐきの状態で決まります。

両側の歯と歯ぐき、両方とも状態が良ければブリッジ治療でも長持ちが期待できます。

2.次の条件は、両側の歯がすでに削られていることです。現在クラウンを被せてあって、新たに歯を削らなくてもブリッジを被せるのであれば、ブリッジ治療も有力な候補となります。

逆に両側の歯がまっさらな天然歯であれば、削ってまでブリッジにするのは避けるべきです。手術が好きな方はいませんし、当然通院回数も少ない方がいいはずです。

上記の条件を満たす場合は、ブリッジ治療をお勧めいたします。

当院の入れ歯について

十分なカウンセリング・できる限りの無痛を基本としております。入れ歯治療は手軽ですが、満足度の低い治療法です。

少数歯欠損の場合は「見た目」と「食べカスの詰まり」が、多数歯欠損の場合「噛めない」「食べれない」が問題となります。

当院の入れ歯の治療方法

入れ歯治療を選択された患者さまにできる限り満足していただくために、高品質の入れ歯を多数取り揃えております。

当院の入れ歯について弾力性のある樹脂でできており、歯に留める金具がいらないので見た目に優れた「スマイルデンチャー」


当院の入れ歯について見えない部分が金属製なので装着感・噛み心地に優れる 「金属床」


・歯に留める金具を白い樹脂で作った「ホワイトクラスプ」
・歯に留める金具を見えない部分に設置する「アタッチメント」
・磁石の力を利用して入れ歯を固定する「マグフィット」

入れ歯を選択したけど、できるだけ見た目も良くしたい、もっと噛める入れ歯が欲しいなど、何でもご相談ください。

治療費用

金属床
保険入れ歯の約1/3の薄さで、床が金属なので、食べ物の温度を瞬時に伝えることが可能。
画像 名前 価格 価格
当院の入れ歯について コバルトクロム 熱を伝えやすく清潔で美しい状態を永く快適に使用できます。 40万円
当院の入れ歯について プラチナ 腐食による変色が起こらなので、身体に優しい素材です。 50万円
当院の入れ歯について チタン 腐食せず、軽く、アレルギー反応を起こしにくい素材です。 60万円

金属床(片側処理)
部分入れ歯の場合、残っている天然歯に負担をかけません
画像 名前 価格 価格
当院の入れ歯について コバルトクロム 熱を伝えやすく清潔で美しい状態を永く快適に使用できます。 30万円
当院の入れ歯について プラチナ 腐食による変色が起こらなので、身体に優しい素材です。 40万円
当院の入れ歯について チタン 腐食せず、軽く、アレルギー反応を起こしにくい素材です。 50万円

オプション
画像 名前 価格 価格
当院の入れ歯について マグフィット(磁石) 磁石の力を利用して入れ歯を固定します。 8万円
当院の入れ歯について アセタルクラスプ
(白い留め具)
フックの部分は歯の色に合わせた留め具です。 3万円
当院の入れ歯について OPA
(見えない留め具)
磁石の力を利用して入れ歯を固定します。 12万円

スマイルデンチャー
画像 名前 価格
当院の入れ歯について 片側処理のもの 8万円
両側処理のもの 12万円

治療期間・通院について

【失った歯の数が少ない場合】
1日目:歯型を採ります。
2日目:入れ歯を装着して治療終了です。

【失った歯の数が多い場合】
1日目:歯型を採ります。
2日目:咬み合わせを調べます。
3日目:入れ歯の出来具合を調べます。
4日目:入れ歯を装着して治療終了です。

※これはあくまでも目安です。入れ歯治療は非常に高度な技術を要するので、治療期間が延びることもあります。

入れ歯のメンテナンスと保証期間

当医院では、すべての患者さまへ4ヶ月毎の定期検診をお願いしており、メンテナンスについては、定期検診時にお勧めしてます。
なお、当医院では、すべての自費治療は5年保証を致しております。※当医院の推奨する期間でのメンテナンスをきちんと受けていただくことが条件です。


2009年4月14日 « トップへ » 2009年4月17日


文字サイズ
を変更する