2009年4月10日 « トップへ » 2009年4月13日

2009年4月12日

インプラントの料金について

基本インプラント料金
インプラント料金

インプラント料金インプラント治療にかかる金額は、
「インプラント」

「支台装置」

「歯冠」

の合計金額になります。

さらにインプラントを埋入するにあたり骨が足りない場合、骨を追加する手術費がかかります。
骨が足りない場合の手術費用

インプラント基本料金【埋入代+支台装置(アパットメント)代】

イメージ 内容 価格
インプラント料金 インプラント埋入 25万円
インプラント料金 支台装置(アパットメント) 3万円
※インプラント1本につき

上部構造 = 人工歯の料金

ハイブリッドクラウン
ハイブリッドクラウン 長所:セラミックにプラスチックが混ざってるので、天然歯に硬さが近く割れにくい。
短所:透明感など、見た目は少し劣る。プラークが付着しやすい。プラスチックが混ざってるので何年か経つと黄ばんで変色してくる。
ランク 特徴 価格
A 手軽に白い歯を入れる場合、最適です。 11万円

セラミッククラウン
セラミッククラウン 長所:価格・見た目・精度などすべてにおいてバランスが良い。プラークがつきにくい
短所:裏側に金属を使用してるので歯茎の境目が暗く見えてしまう。
ランク 特徴 価格
B 価格・見た目・精度のバランスがよい。コストパフォーマンスとしてはNo1。 11万円
A セラミックBの色調再現性を豊かにしたもので、天然の歯の色に近づけることができる。 12万円
S セラミックシリーズではすべてにおいて最高の品質。 14万円

オールセラミッククラウン
オールセラミック 長所:すべてにおいて最高品質。金属アレルギーがおこらない
短所:高価
ランク 特徴 価格
A 裏側まで真っ白、天然の歯に近く、さらに色艶が天然の歯に近い。 17万円
S オールセラミックAの進化版、もはや天然の歯と見分けることは不可能。 20万円

骨が足りない場合の手術費用

イメージ 内容 価格
GBR 歯を失った場所の歯茎の幅が、インプラントの径より狭い場合、人工骨や自家骨(じがこつ:自分の骨)を使い、その箇所を人工皮膜で覆い骨を形成します。 10万円
ソケットリフト 特殊な器具を用いて、上顎洞の底部を押し上げインプラントを埋入するスペースを確保します。 10万円
エクステンションクレスト 歯茎の幅が、インプラントより狭い場合、少しずつ骨の幅を広げ、インプラントの埋入が可能な状態にすることです。 10万円
サイナスリフト 上顎と上顎洞の間に、特殊な器具を用いて上顎洞底部を押し上げ、押し上げた部分に骨補填材を填入します。骨の密度を高まるので歯槽骨の高さが確保されます。 20万円

料金のお支払いについて

当医院では基本的に,契約治療となっていますので、治療のはじまりの時点で契約書を作成し治療終了時までに治療費を清算していただきます。
現金の場合は窓口でのお支払いとなります。
また、治療費用は3回に分けてお支払いいただきます。(下記例ご参照ください)

1回目:オペ日当日・インプラント埋入費用25万円
2回目:上部構造作成時、その費用の半額+支台装置代金(例:4万円+3万円=7万円)
3回目:上部構造装着時、その費用の半額(例:4万円)

クレジットカードでの払い込みの場合は一括、分割、リボ、ボーナス払いのいずれかで可能です。
またデビットカードも取り扱っております。
高額の方はデンタルローンも可能です(診査後に融資額が決まります)

【使用できるクレジットカード】
使用できるクレジットカード

インプラントは医療費控除の対象となります。


2009年4月10日 « トップへ » 2009年4月13日


文字サイズ
を変更する